レズ向け風俗店のサービス内容とは?

■サービスは比較的ソフト
昔から、「風俗店は男性のためのもの」という認識が、私たち日本人のなかにはありました。 しかし、昨今では驚くことに女性向けの風俗店も誕生しているのです。 女性向けといっても、男性が女性に対してサービスを行うのではありません。 「女性を好きな女性のために、女性がサービスを行うお店」です。 つまり、レズ向けの風俗店ということ。 知られざる、レズ向け風俗店のサービス内容について解説します。 まず、レズ向け風俗店のサービス内容の特徴は、「比較的ソフトなものが多い」ということです。 男性向けの風俗店では、いわゆる「抜き」が目的になっており、男性がオーガズムを迎えることに重点が置かれています。 しかし、レズ向け風俗店ではどちらかというと、「女性同士でイチャイチャ」することが目的となっており、キスやハグなど、ソフトなサービスが中心となっています。 もちろん、レズ向け風俗店のなかにも、女性がオーガズムを迎えることを最大の目的にしたお店もありますが、おしなべて女の子同士が触れ合うことが目的のお店が多いです。

■様々なタイプのレズ女性が在籍
そして、多くのお店は、様々なタイプのレズ女性が在籍し、こちらの希望に沿ったプレイをしてくれます。 レズ女性のタイプは大きく分けて3種類。 「タチ(責める側)」、「ネコ(受ける側)」、そして「リバ(どちらもいける)」です。 もし、自分が責めたいのに、相手も責めたい女性だと、プレイの相性が良くありません。 ですが、お店には上記どれかに当てはまる女性がいるので、自分のしたいプレイをすることができます。

■中にはハードなサービスのお店も
中には、M女性専門のレズ向け風俗店も存在します。 こういう類のお店では、通常のレズ風俗店では行っていないような、ハードなサービスも行っているのです。 例えば、縛られたり、叩かれたり、罵倒されたりなどです。 このようなSM風俗店は、本当に女性に責められるのが好きで、快感だという方にはおすすめできます。 しかし、少しMっ気があるくらいの女性の場合、行ってみたら、ただ痛くて苦しいだけだったということにもなりかねません。 通常のレズ風俗店で、タチの女性を指名するのがいいでしょう。 このように、レズ専門の風俗店では、レズの女性の需要に合わせて、様々なサービスを行っています。 周りにレズであることが言えず、性欲を満たすことができない、という女性は、ぜひ一度、女性のために作られたアダルトなお店を利用してみてはいかがでしょうか。